リンク広告




アバックヨ 新台情報

【Pリーグスペック】小当たりRUSH発動カウンターの正体と、今後の小当たりRUSH機の展望!

投稿日:

アバックヨだ。

サンスリーのPリーグのスペックが出回っているな。カイジ・セブンに続いてまたまた小当たりRUSHだが、『小当たりRUSHカウンター』なる新機能がついているようなので、その正体を予想してみよう。

 

このツイートには書かれていないが、他のブログを見ていると、特1・特2の6R確変は『小当たりRUSH発動カウンター付』との記載がある。

このスペックのままだと、どう考えても基本設計も辛すぎるので、おそらくその情報が正しいのだろう。

となると、『小当たりRUSH発動カウンター』ってなんだ? ということになる。

 

小当たりRUSH発動カウンターの正体

これは恐らく、小当たりRUSHがついていない、普通の確変としてRUSHが始まった後、規定回転数に達した時点で、小当たりRUSHがついてくるシステムのことだろうと思われる。

例えば、50変動目までは普通の確変で、その間に大当たりすればそれで終わりだが、もし、50変動以上大当たりしなかった場合は、51変動目から小当たりRUSHが始まるという仕様だ。

その、「何変動目から小当たりRUSHが始まるのか」を、複数パターン(10変動目、20変動目、30変動目という風に)もっていて、それを、『小当たりRUSH発動カウンター』という形で、液晶か盤面に表示して演出しているのだろう。

 

なぜ、そのようなことが出来るのか

このシステムを理解するには、パチンコ機の『状態』というものを少し理解する必要がある。

パチンコ機には、大きくわけて、全部で4つの内部状態が存在する。

  1. 低確率開放延長なし状態(いわゆる、通常時)
  2. 低確率開放延長あり状態(いわゆる、時短中)
  3. 高確率開放延長なし状態(いわゆる、潜伏確変)
  4. 高確率開放延長あり状態(いわゆる、確変中)

厳密にいうと、もう少し種類があるのだが、基本となるのはこの4つの状態だ。

では、『小当たりRUSH中』は、この中のどの状態になるのかというと、『3番の、高確率開放延長なし状態(いわゆる、潜伏確変)』中になる。

小当たりRUSHのシステムの説明は、今回の趣旨ではないので割愛するが、Pリーグに搭載されていると思われるシステムを実現するためには、要は、『確変中から始まって、規定回転数経過で潜伏確変になればいい』ということだ。

これなら、パチンコをある程度知っている方ならわかると思う。他の機械でも、「確変が始まって、例えば50変動経過すると、電チュー開放が終了して、潜伏確変になる」という機械は普通にあるだろう?

規則上、予め定めておけば(正確には、大当たり図柄の種類で定まっていれば)、大当たり後のn変動目に開放延長状態を終了させることは普通にできる。

また、図柄の種類は、まあ容量的な限界はあるが、実質いくつでも持つことができるので、そのnの数は、いくつにでも設定することができる。

これを、ゲーム性として表現しているのが、『小当たりRUSHカウンター』ということだと思われる。

 

今後の小当たりRUSH機の展望

この仕様だが、実は、俺の考える、新規則対応スペックで搭載されてくる可能性の高い仕様の1つだ。

新規則対応スペックの非常に厳しい点の1つが(とういか、これがほぼ全てなのだが)、保通協での短時間・中時間・長時間試験の規定が変更になったことだ。

詳細はググれば出てくると思うので割愛するが、これの影響で、確変などのいわゆるRUSH状態時の出玉速度が、従来機よりも大幅に落ちることになる。

要は、確変中の変動時間を遅くしたり、確変中の大当たり確率を辛くしたりする必要があるのだが、たとえば、海物語のようなオーソドックスな次回まで確変タイプの機械で、今、確変中の大当たり確率が、1/40くらいだとして、これが、1/100とかになることを考えてみてほしい。

ユーザー目線からは、かなりのマイナスに感じることだと思う。

これを払拭する方法の1つが、今回の仕様だ。

平たく言うと、確変中限定だが、『スロットの天井のようなイメージで、100変動以上大当たりしなかった場合だけ、小当たりRUSHが発動して、出玉を増やすことができる』という仕様ができるので、新規則でのオーソドックスな次回まで確変タイプの機械の場合は、かなり有力な仕様の1つになると思う。

盤面構成上の問題や、小当たりRUSHが発動していない、普通の確変状態時のベースなど、いろいろとデメリットというか、クリアしなければいけない問題もあるので、一概にこの仕様を搭載することがベストとはいえないが、新たなゲーム性を考えることも可能なので、今後の可能性の1つとして、知っておいてもいいことだろう。

また、『開放延長を消す=小当たりRUSH発動』ということなので、今回説明した仕様以外にも、それを可能にする契機というものは存在する。もしかすると、Pリーグがやっているのがそちらの可能性もあるが、『小当たりカウンター』という名称から判断すると、今回の内容である可能性がかなり高いと思う。

実は、他の契機を使えば、また別の面白いスペックを考えることも可能なのだが、それはまた、機会があれば記事にしたいと思う。

 

サンスリー機でこの仕様が搭載されているということ

現時点では、すべて予測にすぎないが、もしこの仕様がサンスリーの機械に搭載されているということなら、今後の新規則対応の海シリーズのための布石の可能性もある。

予測が当たっているのかどうか、今後の情報を楽しみにしたい。

関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.