リンク広告




エンタメ情報 ¥JOY

2018年上半期のソシャゲ売上ランキングが発表! 不動の1位だったモンストが陥落!?あの大人気バトロワゲームもランクイン!?

更新日:

¥JOYです。

2018年上半期のソシャゲの売上ランキングTOP10が発表されました。

上位は定番のゲームが占める中、7位から10位には新規タイトルもランクインしてきています。

 

1位 Fate/Grand Order 578億円
2位 モンスターストライク 576億円
3位 パズル&ドラゴンズ 285億円
4位 ドラゴンボールZドッカンバトル 220億円
5位 LINE:ディズニーツムツム 200億円
6位 グランブルーファンタジー 180億円
7位 荒野行動 161億円
8位 ポケモンGO 137億円
9位 実況パワフルプロ野球 134億円
10位 リネージュ2レボリューション 128億円

 

このような結果となりました。

 

3年間不動の1位だった「モンスト」をおさえ、コアなファンの圧倒的な課金額が話題になる「FGO」が1位になっています。

 

それ以外では、最近大人気の「バトルロワイアル型ゲーム」である「荒野行動」が7位に初登場しています。

世界中で大人気のバトロワ型ゲーム「PUBG」の運営会社から、いわゆる「パクリ」であるとして訴訟を起こされているゲームですが、そんなの関係ねぇ状態のすごい売上金額ですね!

 

それにしても上位のゲームの売上は本当にとんでもない金額です。

 

「FGO」は180日間で580億円ということは、1日あたり3億円以上の課金がなされているということです。

 

ここにランクインしているゲームは、日本国内での課金がほとんどを占めているゲームが大半ですので、余暇に使うお金という意味では、パチンコとある意味、競合しているわけですが、この売上を見ていると、よく言われる「ソシャゲに客がとられている」という話もあながち間違いではないのかもしれません。

 

市場規模という意味でも、よく言われる20兆円レベルの実態のない売上ではなく、ペイバック分を除いた実売上で考えると、ほぼ同規模になるように思います。

 

カジノ法案が成立し、最近ではそちらによる影響度の話題が出ることが多いですが、「射幸性のある、手軽・気軽に遊べるお金の使い道」という意味では、やはり今後もソシャゲがパチンコ最大の天敵といってよいのかもしれません。

ではまた!

関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-エンタメ情報, ¥JOY
-, , , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.