リンク広告



アバックヨ 新台情報

『ダイナマイトキングin沖縄』スペック詳細判明!? 1種+2種のシステムを使った、一発台的超爆裂スペックの模様!?

更新日:

アバックヨだ。

大一のダイナマイトキングin沖縄のスペック情報が出始めているな。

 

ダイナマイトキングin沖縄 スペック情報

 

低確率 1/28.61
高確率(小当たり確率) 1/2.92
上アタッカー性能 3個賞球×10カウント
下アタッカー性能 14個賞球×9カウント
タイプ 1種+2種
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
15R大当たり(下アタッカー消化) 100% 1890個(フロック込みで2175個) 2回(+保留分2回) 約81%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
15R大当たり(下アタッカー消化) 50.6% 1890個(フロック込みで2175個) 2回(+保留分2回) 約81%
15R大当たり(上アタッカー消化) 49.4% 450個 2回(+保留分2回) 約81%

 

情報をまとめると、

  • 大当たり確率は、1/28.61
  • 大当たりすると、必ず2175発獲得の大当たり。さらに、必ずRUSHに突入。
  • RUSHは、1種+2種タイプで、大当たり確率1/2.92を時短4回転で狙う。継続率は、約81%。
  • RUSH中の大当たりは、50.6%が2175発。残りの49.4%が450発。

となる。

大当たり後の性能は、現行機種で間違いなくトップレベルで、ダイナマイトキングらしい非常に夢のあるスペックと言える。

スタート(千円あたりの回転数)を下げることで、大当たり後の出玉性能を極限まで引き上げたという意味では、

「アナザーGODハーデス」

に近いタイプといえるが、大当たり確率を考えると、より近いのは

「餃子の王将」

になるだろう。

 

始動口入賞までのゲーム性は?

このタイプということならば、本機種が面白いかどうかを判断する最重要ポイントは、「始動口入賞までのゲーム性」がどういうタイプなのかということだ。

ざっと計算すると、おそらく、

  • 千円あたり1回転~2回転

くらいになるので、感覚的には完全に「一発台」に近い。

ダイナマイトキングといえば、

  • まずスルー通過で普通図柄を抽選し、当選すれば電チューが開いて特図が回せるというタイプ

を考えてしまうが、スペック的にこのタイプは無理なので、

  • 餃子の王将のような、役物を使って始動口入賞までのゲームをするタイプ

になる。

公式PVや試打動画、ゲーム性説明画像があるので、こちらを見ていろいろと想像して、導入日を楽しみに待ちたい!

 



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.