リンク広告



アバックヨ 新台情報

ドラムゴルゴ13のスペック詳細! 76%継続のシンフォギアタイプのスペック!玉がリールの前を転がっていく!?

更新日:

※11月8日 リアルボーダーラインを追記

アバックヨだ。

SANKYOの版権ドラムシリーズ第2弾「ドラムゴルゴ13」の情報が出ているな。

シンフォギア的な1種+2種のスペックに加え、何やら面白そうな疑似玉演出も搭載しているようだ。

 

ドラムゴルゴ13 スペック詳細

 

低確率 1/159.8
高確率(小当たり確率) 1/10.3
アタッカー性能 14個賞球×9カウント
タイプ 1種+2種
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
3R大当たり 約24.2% 378個 1回(+保留4個) 約40%
6R大当たり 約60.8% 756個 1回(+保留4個) 約40%
15R大当たり 約15.0% 1890個 1回(+保留4個) 約40%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
3R大当たり 約24.2% 378個 10回(+保留4個) 約76%
6R大当たり 約60.8% 756個 10回(+保留4個) 約76%
15R大当たり 約15.0% 1890個 10回(+保留4個) 約76%

 

リアルボーダーライン

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な仕様状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 21.0回 / 1000円

 

ドラム機ということで、比較的シンプルな形の1種+2種になっている。

  • 大当たり後は、必ず5回転のチャンスタイム。
  • 大当たりすれば、76%継続のRUSHに突入。
  • 出玉振り分け等は、通常時・RUSH中共通。

このような形になる。

 

演出の特徴は?

 

 

演出面はまだ情報がそれほど出てきていないが、1つ、大きな特徴となる演出が搭載されている。

SANKYOといえば、パトラッシュなどで大当たり後のラウンド振り分けを、疑似玉を使った演出でやっていたのだが、本機種にも同様の演出が搭載されているようだ。

上の盤面画像を見ると、ドラムリールの上部に「BIG」「SMALL」と書いてあるが、ここでラウンド振り分けの演出を行う。

その演出というのが、

  • 中リール(チャンスは一度でいいと書いてあるリール)の手前を、下から上に向かって玉が駆け上がっていく

という演出。

  • ゴルゴが発射した銃弾が、中リールに沿って下から上に向かって飛んで行って、中リールの上にある「BIGポケット」か「SMALLポケット」のどちらに着弾するか

ということのようだが、すごく面白そうじゃないか!

この演出の動画がこちら!

 

他にも、シンフォギアでお馴染みの「V-STOCK」演出も搭載されていて、盤面右上のゴルゴが覗いているライフルのスコープがフラッシュすれば・・・!?とのこと。

 

スペック的にも興味を惹かれる内容だし、俺としてはかなり楽しみな機種だ。

今後の情報を楽しみに待ちたい!

 



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.