リンク広告



アバックヨ 新台情報

フィーバーゴルゴ13スペック詳細! RUSH継続率約80%の1種+2種タイプ! シンフォギアとの比較も!

投稿日:

アバックヨだ。

SANKYOのフィーバーゴルゴ13のスペック情報が出ているな。

1/199ライドミドルの1種+2種タイプで、スペックだけでなく盤面にもシンフォギアに似たところがあるので、メーカー側が意識しているのは間違いないだろう。

さっそく詳細を見てみよう!

 

フィーバーゴルゴ13スペック詳細!

低確率 1/199.8
高確率(小当たり確率) 約1/7.4
アタッカー性能 10個賞球×10カウント
タイプ 1種+2種
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
4R大当たりA 5% 400個 99回(+保留4個) 約100%
4R大当たりB 95% 400個 1回(+保留4個) 約51.6%
特図2(図柄直撃大当たり分も込みにした割合)
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
15R大当たり 約31% 1500個 99回(+保留4個) 約100%
11R大当たり 約10% 1100個 99回(+保留4個) 約100%
7R大当たり 約9% 700個 99回(+保留4個) 約100%
5R大当たりA 約9% 500個 99回(+保留4個) 約100%
5R大当たりB 約40% 500個 1回(+保留4個) 約51.6%
4R大当たり 約1% 400個 1回(+保留4個) 約51.6%

 

リアルボーダーライン

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な仕様状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : ???回 / 1000円

※リアルボーダーラインはホール導入後に記載します。

 

RUSH中の継続率は?

RUSH中は、簡単に言うと

  • 2つの性能のRUSHを搭載

というタイプになる。

 

①大当たり時の約59%:

超A級RUSH : 時短99回(+保留4個)で実質次回大当たり確定。

 

②大当たり時の約41%:

運命チャンス : 時短1回(+保留4個)で大当たり期待度約51.6%

 

③合算のRUSH継続率:

約80.2%

 

このような性能になる。

 

シンフォギアとの比較

1/199の1種+2種ということで、同社の大ヒット機種「シンフォギア」と同タイプのスペックになる。

盤面右下のキャラクターのシルエットもシンフォギアと同じイメージだな。

両機種のスペックを比較してみよう。

 

■初回大当たり時性能:

■平均出玉:

  • ゴルゴ13  : 400個(オール4R)
  • シンフォギア : 403個(4R99%+15R1%)

■RUSH突入率:

  • ゴルゴ13  : 約54.0%
  • シンフォギア : 約51.9%

平均出玉はほぼ同じ。

ゴルゴ13はオール4Rだが、シンフォギアは1%だけ15R大当たりがあるので、その分、平均にするとちょっと多い。

ちなみに4R大当たりの出玉は、ゴルゴが400個、シンフォギアは392個でほぼ同じ。

RUSH突入率は、時短1回(+保留4個)時の引き戻し率は、両機種とも約51.5%とまったく同じ。

要は高確率(小当たり+特図直撃当たり)が約1/7.4と同じ性能になっている。

ゴルゴ13の特徴は、5%だけ時短99回の直撃大当たりがあるところ。

これはRUSH直行というより、実質2連確定になる上に、割合的にも当選を期待できる数字になっているので、ここはゴルゴ13の方が上だろう。

(シンフォギアは15R大当たりが1%な上に、時短7回(+保留4個)なので、そこからのスルーがあり得る)

 

■RUSH性能:

■平均出玉:

  • ゴルゴ13  : 約887個
  • シンフォギア : 約874個

■RUSH継続率:

  • ゴルゴ13  : 約80.2%
  • シンフォギア : 約79.7%

平均出玉はほぼ同じ。

15R大当たり比率はシンフォギアの方が40%と高いが、その分、ゴルゴ13は最小出玉がほぼ5R大当たりなので、その分出玉が多くなる。

ただ、この「5R大当たり」が、小当たりによるV入賞ラウンドを1ラウンド目として数えている場合は、その1ラウンドはVアタッカーでの消化となるが、そちらは賞球が3個なので、実際には払い出しが500個ではなく、

  • 1R目(3個賞球×10カウント)+4R(10個賞球×10カウント)=430個

になってしまう。

これは、RUSH中大当たりのすべてにおいてあてはまる。

このあたりが実際どうなのかは実機を見ないとなんともいえないが、まあシンフォギアとほぼ同じだと思っておいて間違いないだろう。

継続率は、シンフォギアが一律で時短7回(+保留4個)であるのに対し、ゴルゴは次回大当たり確定の割合が約51%もあり、継続率の大半をそこに依存している。

遊技感覚は少し異なるが、合算で継続率を見ると、こちらもほぼ同じ性能だといって間違いない。

 

まとめ

大当たりラウンドの表記に小当たりによるV入賞ラウンドを含んでいるかどうかによって多少変動するが、

  • スペック性能としてはシンフォギアとまったく一緒

と言って問題ない。

ゲーム性としては、時短99回による次回大当たり確定の大当たりが多いので、シンフォギアのように常に同じ期待度で楽しむRUSHとは感覚が変わってくる。

そこが演出面でどのように表現されているかが最大の注目ポイントと言えるだろう。

シンフォギアの販売から1年以上が経つが、ここまで同じ性能のスペックが販売されるのは初めてなので、ユーザーがどういう反応をするのか、ホールへの導入が非常に楽しみだ。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることが確定しました。 今までは再現できなかった、80%継続のST機や確変機が開発可能になるということで、ゲーム性の幅が広がることは確実です。 ただ、 ...

2

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることを受けて、一昨日は、『真・北斗無双』のスペックを新規則で再現したらどうなるのかを記事にさせていただきました。 今日は、甘デジバージョンということ ...

3

ぶちゃけてぃです。 カイジ4の営業時の問題に端を発する高尾関連の話題。 最近も、 問題の責任者の1人と言われていた名古屋支店長が退職。   高尾 カイジ4の問題で 名古屋支店長 退職 との事 ...

4

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

6

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.