リンク広告



アバックヨ 新台情報

パチンコFマクロスフロンティア3 スペック・継続率・出玉詳細! まさかの319V確変2400個タイプ!? シンフォギアスペックが良かったと思うのは俺だけか?

更新日:

アバックヨだ。

SANKYOの新機種、Fマクロスフロンティア3のスペック情報が出ているな。

ファンの多いコンテンツで、前作も息の長い稼働をした機種だけに注目度は高いだろう。

さっそく詳細を見てみよう。

※リアルボーダーラインを追記(2019/3/25)

 

パチンコFマクロスフロンティア3 スペック詳細

低確率 1/319.7
高確率 1/128.5
アタッカー性能 15個賞球×10カウント
タイプ V確変ループ
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 10% 2400個 次回まで 100%
3R確変 40% 450個 次回まで 100%
3R通常 50% 450個 100回 約26.9%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変A 50% 2400個 次回まで 100%
16R確変B 6% 2000個 次回まで 100%
3R確変 9% 450個 次回まで 100%
3R通常 35% 450個 100回 約26.9%

リアルボーダーライン(2019/3/25追記)

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 20.0回 / 1000円

リアルボーダーラインは標準的な数値。

辛い機種が多い昨今の市場状況の中では、甘目といって良い水準だと言える。

 

 

解説

 

SANKYOの1種+2種ライトミドルタイプの先駆けともいえる機種で、コンテンツ的にも誰もがシンフォギアタイプのスペックを期待していた中で、まさかの319V確2400個タイプ。

特に解説することもない手垢のついたスペックだが、個人的には「打ちたかったスペックはこれじゃない」という感想だな。

後々、新規則対応したバージョン機で、高継続率ライトミドルタイプをリリースしてくる可能性は激高だと思われるが、どうだろうな。

  • コンテンツだけである程度の販売台数が見込めるマクロスフロンティアを319のフルスペックでリリース。
  • コンテンツ的に微妙なバイオハザードは、年末需要を見込んだ319フルスペックでリリース。
  • コンテンツ的に微妙なゴルゴ13は、ドラム&液晶のWリリースでシンフォギアのイメージを借りたスペック。
  • アクエリオンWを、完全にシンフォギアタイプにした新規則機で再リリース。
  • 蒼穹のファフナーは、前作同様の役物抽選機で仕上げて、出玉性能的にはシンフォギアに近いタイプ。

・・・販売戦略として考えると、「お見事」ということになるのか。

昨年はメーカー別販売ランキングで久しぶりの1位を獲得したわけだが、シンフォギア以外の機種は結局、それほど稼働していないのも現実。

業界をリードする立場のトップメーカーなのは間違いないので、もう少し「稼働」という部分に対して意図のあるスペック設計を期待したいというのが本音ではあるな。

(とはいえ、確実に1度は打つ機種なので、ゲーム性や演出面の完成度に期待したいところだ)

 

PV・試打動画



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.