リンク広告



アバックヨ 新台情報

牙狼 TUSK OF GODスペック詳細! 北斗無双2・ウルトラセブン2と徹底比較! 最注目ポイントは出玉性能ではない!?

更新日:

アバックヨだ。

年末の最注目機種「牙狼 TUSK OF GOD」の情報が出始めているな。

※12/19 リアルボーダーラインを追記。

※12/25 リアルボーダーラインを修正。

 

牙狼 TUSK OF GOD スペック詳細

低確率 1/319.68
高確率 1/189.95
アタッカー性能 15個賞球×10カウント
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 20% 2400個 次回まで 100%
4R確変 45% 600個 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 なし 0%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 300個 50回 約14.5%

 

リアルボーダーライン(12/19追記)(12/25追記修正)

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 16.2回 / 1000円

12/19に記載した時は、リアルボーダーラインを、17.4回と記載したが、その後のデータ上、さらに甘い数字であることが判明した。

等価ボーダーは、16.2回と超激甘のデータで推移している。

市場でもっとも多い、27~28玉交換でのボーダーラインは、

  • 17.5回 / 1000円

程度。

ただ、確変中及び大当たり中の消化時間が極めて遅く、1時間で平均3連程度しかできないので、夜19時以降などで考えれば閉店打ち止めが現実的に充分ありえるため、そのリスクを計算にいれた上での立ち回りが必要になるだろう。

 

 

北斗の拳7転生や真・北斗無双2、ウルトラセブン2と同系統の、次回まで確変タイプで2400発比率を限界まで上げたタイプ。

結局、旧規則で申請通過していたメガコンテンツ機は全部同じタイプだったな・・・

 

北斗無双2、ウルトラセブン2との比較

同タイプのスペックだが、細かいところは違うので、3機種の性能比較をしてみよう。

 

初当たり性能比較

牙狼 TUSK OF GOD
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.68 16R確変 20% 2400個 次回まで 100%
4R確変 45% 600個 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 なし 0%
真・北斗無双2
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.69 4R確変A 30% 600個 次回まで 100%
4R確変B 20% 600個 70回 約80.4%
4R確変C 10% 600個 50回 約68.7%
4R確変D 5% 600個 30回 約50.2%
4R通常A 7% 600個 70回 約19.7%
4R通常B 14% 600個 50回 約14.5%
4R通常C 14% 600個 30回 約9.0%
ウルトラセブン2
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.7 4R確変 65% 600個+平均600個RUSH 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 100回 約26.9%

 

■初当たり時平均出玉

  • 牙狼    : 約960個
  • 北斗無双2 : 約600個
  • セブン2  : 約990個

■初当たり時に電サポ中に次回大当たりする割合(2連する割合)

  • 牙狼    : 65%
  • 北斗無双2 : 約60%(但し、サポ抜け時の4回に1回は潜伏確変。)
  • セブン2  : 約74.4%

 

牙狼の最大の特徴は、なんといっても

  • 初回通常大当たり時の時短が0回

という点だろう。

大当たり時の35%で、実出玉で考えると約500個程度を手にするだけでノーチャンスで終わる。

ユーザーの感覚としては、その当たりを除外した、

  • 大当たり確率 約1/492で、当たれば100%確変突入する機械

という遊技感覚になるだろう。

北斗無双2が確変大当たり時の電サポ回数を回数切りすることで潜伏確変が発生する仕様にして、ユーザーが期待感を持てる時間を延ばす戦略をとっているのと真逆の発想といえるな。

 

そのかわり、初当たり時から2400発大当たりする比率が、約20%とそれなりに現実的な数字なので、この部分に対しての期待感が牙狼のメリットといえるが、ユーザー心理を考えるとデメリットの方が大きいのではないかという懸念が残るスペックといえるだろう。

 

RUSH性能比較

牙狼 TUSK OF GOD
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/189.95 16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 300個 50回 約14.5%
真・北斗無双2
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/43.49 16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 90個 100回 約26.9%
ウルトラセブン2
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/77 16R確変 50% 2400個+平均600個RUSH 次回まで 100%
4R確変 5% 600個+平均600個RUSH 次回まで 100%
2R確変 10% 100個+平均200個RUSH 50回(以降小当たりRUSH) 100%
2R通常 35% 100個 50回(時短中当選時は100回) 約14.5%(50回時)

 

■RUSH中平均出玉

  • 牙狼    : 約1665個
  • 北斗無双2 : 約1560個
  • セブン2  : 約1625個

■RUSH中合算継続率

  • 牙狼     : 約70%
  • 北斗無双2  : 約74.4%
  • セブン2   : 約71%

 

RUSH中の性能はこのようになる。

平均出玉は牙狼がもっとも多いが、継続率は牙狼がもっとも低い(セブンは時短中の通常当たりが時短100回になる分、少しだけ継続率が上になる)。

とはいえほとんど誤差の範囲内で、RUSHの性能はウルトラセブン2とほぼ同じと言えるだろう。

小当たりRUSHで出すか、その分も大当たりとして出すか、の違いだけといえるな。

 

ただ、ウルトラセブン2の出玉表記は小当たりRUSH分も込みの数字だが、小当たりRUSHは払い出し出玉と実出玉の乖離が激しいので、実際には

  • 初回大当たり時もRUSH時も、大当たり1回あたりの平均出玉は牙狼が一番多い。
  • そのかわり、初回大当たり時もRUSH時も、連荘期待度は牙狼が一番低い。

このような結論になる。

 

PV&試打動画

 

まとめ

出玉性能的には、牙狼、北斗無双2、ウルトラセブン2はほとんど変わらないスペックといえる。

そうなるとどうしても気になるのが、

  • 牙狼は初当たり時の35%で時短0回。
  • 牙狼は高確率が1/189と以上に辛い。

この2点になってくる。

特に高確率の辛さに関しては、ゲージ構成と高確中の変動スピード次第では、とんでもなくストレスが貯まる(玉が減りまくる)ことも想定されるので、今後もっとも注目したいのは、その点になるといえるな。

  • 高確率中の変動スピード(SA)はどの程度か。
  • 右のゲージ構成が削れる構成なのか、削れない構成なのか。

超高速消化でほぼ削れないゲージ構成でない限り、かなりデメリットが目立つスペックになってしまうので、今後の情報を楽しみに待ちたい。

 

9月3日追記:

高確率中のBAやSAに関して、現時点での情報を追記します。

こちらの情報から判断すると、

    • SA13~14
    • TSAが1/189なので、平均約14分
    • BA90
    • 確変中に次回大当たりするまでに、平均で約140発玉が減る・・・

この情報が正しいなら、確変中はかなりイライラすることになりそうだな・・・

 



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.