リンク広告




アバックヨ 新台情報

牙狼 TUSK OF GODスペック詳細! 北斗無双2・ウルトラセブン2と徹底比較! 最注目ポイントは出玉性能ではない!?

更新日:

アバックヨだ。

年末の最注目機種「牙狼 TUSK OF GOD」の情報が出始めているな。

 

牙狼 TUSK OF GOD スペック詳細

 

販売日・販売方法・盤面情報など

まずはスペックの前に、販売日や販売方法などの現在わかっている情報を整理しよう。

■販売日:12/16週~予定

■販売方法:リユース専用 3万台予定

■盤面情報など:

 

事前の噂どおり、本当にリユース専用機になるようだ。

販売予定台数も約3万台とかなり控えめで、まだ詳細はわからないが、演出内容などはバージョン機に近い出来の可能性もあるな。

 

PV(9月3日追記)

サンセイ公式PVが公開されたので紹介しよう。

 

タイマー役物などの追加要素はあるものの、ギミック構成は前作のGOLDSTORM翔と同じに見えるな。

 

スペック

低確率 1/319.68
高確率 1/189.95
アタッカー性能 15個賞球×10カウント
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 20% 2400個 次回まで 100%
4R確変 45% 600個 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 なし 0%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 300個 50回 約14.5%

 

北斗の拳7転生や真・北斗無双2、ウルトラセブン2と同系統の、次回まで確変タイプで2400発比率を限界まで上げたタイプ。

結局、旧規則で申請通過していたメガコンテンツ機は全部同じタイプだったな・・・

 

北斗無双2、ウルトラセブン2との比較

同タイプのスペックだが、細かいところは違うので、3機種の性能比較をしてみよう。

 

初当たり性能比較

牙狼 TUSK OF GOD
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.68 16R確変 20% 2400個 次回まで 100%
4R確変 45% 600個 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 なし 0%
真・北斗無双2
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.69 4R確変A 30% 600個 次回まで 100%
4R確変B 20% 600個 70回 約80.4%
4R確変C 10% 600個 50回 約68.7%
4R確変D 5% 600個 30回 約50.2%
4R通常A 7% 600個 70回 約19.7%
4R通常B 14% 600個 50回 約14.5%
4R通常C 14% 600個 30回 約9.0%
ウルトラセブン2
低確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/319.7 4R確変 65% 600個+平均600個RUSH 次回まで 100%
4R通常 35% 600個 100回 約26.9%

 

■初当たり時平均出玉

  • 牙狼    : 約960個
  • 北斗無双2 : 約600個
  • セブン2  : 約990個

■初当たり時に電サポ中に次回大当たりする割合(2連する割合)

  • 牙狼    : 65%
  • 北斗無双2 : 約60%(但し、サポ抜け時の4回に1回は潜伏確変。)
  • セブン2  : 約74.4%

 

牙狼の最大の特徴は、なんといっても

  • 初回通常大当たり時の時短が0回

という点だろう。

大当たり時の35%で、実出玉で考えると約500個程度を手にするだけでノーチャンスで終わる。

ユーザーの感覚としては、その当たりを除外した、

  • 大当たり確率 約1/492で、当たれば100%確変突入する機械

という遊技感覚になるだろう。

北斗無双2が確変大当たり時の電サポ回数を回数切りすることで潜伏確変が発生する仕様にして、ユーザーが期待感を持てる時間を延ばす戦略をとっているのと真逆の発想といえるな。

 

そのかわり、初当たり時から2400発大当たりする比率が、約20%とそれなりに現実的な数字なので、この部分に対しての期待感が牙狼のメリットといえるが、ユーザー心理を考えるとデメリットの方が大きいのではないかという懸念が残るスペックといえるだろう。

 

RUSH性能比較

牙狼 TUSK OF GOD
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/189.95 16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 300個 50回 約14.5%
真・北斗無双2
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/43.49 16R確変 65% 2400個 次回まで 100%
2R通常 35% 90個 100回 約26.9%
ウルトラセブン2
高確率 ラウンド  割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
1/77 16R確変 50% 2400個+平均600個RUSH 次回まで 100%
4R確変 5% 600個+平均600個RUSH 次回まで 100%
2R確変 10% 100個+平均200個RUSH 50回(以降小当たりRUSH) 100%
2R通常 35% 100個 50回(時短中当選時は100回) 約14.5%(50回時)

 

■RUSH中平均出玉

  • 牙狼    : 約1665個
  • 北斗無双2 : 約1560個
  • セブン2  : 約1625個

■RUSH中合算継続率

  • 牙狼     : 約70%
  • 北斗無双2  : 約74.4%
  • セブン2   : 約71%

 

RUSH中の性能はこのようになる。

平均出玉は牙狼がもっとも多いが、継続率は牙狼がもっとも低い(セブンは時短中の通常当たりが時短100回になる分、少しだけ継続率が上になる)。

とはいえほとんど誤差の範囲内で、RUSHの性能はウルトラセブン2とほぼ同じと言えるだろう。

小当たりRUSHで出すか、その分も大当たりとして出すか、の違いだけといえるな。

 

ただ、ウルトラセブン2の出玉表記は小当たりRUSH分も込みの数字だが、小当たりRUSHは払い出し出玉と実出玉の乖離が激しいので、実際には

  • 初回大当たり時もRUSH時も、大当たり1回あたりの平均出玉は牙狼が一番多い。
  • そのかわり、初回大当たり時もRUSH時も、連荘期待度は牙狼が一番低い。

このような結論になる。

 

まとめ

出玉性能的には、牙狼、北斗無双2、ウルトラセブン2はほとんど変わらないスペックといえる。

そうなるとどうしても気になるのが、

  • 牙狼は初当たり時の35%で時短0回。
  • 牙狼は高確率が1/189と以上に辛い。

この2点になってくる。

特に高確率の辛さに関しては、ゲージ構成と高確中の変動スピード次第では、とんでもなくストレスが貯まる(玉が減りまくる)ことも想定されるので、今後もっとも注目したいのは、その点になるといえるな。

  • 高確率中の変動スピード(SA)はどの程度か。
  • 右のゲージ構成が削れる構成なのか、削れない構成なのか。

超高速消化でほぼ削れないゲージ構成でない限り、かなりデメリットが目立つスペックになってしまうので、今後の情報を楽しみに待ちたい。

 

9月3日追記:

高確率中のBAやSAに関して、現時点での情報を追記します。

こちらの情報から判断すると、

    • SA13~14
    • TSAが1/189なので、平均約14分
    • BA90
    • 確変中に次回大当たりするまでに、平均で約140発玉が減る・・・

この情報が正しいなら、確変中はかなりイライラすることになりそうだな・・・

 

関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-アバックヨ, 新台情報
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.