リンク広告



アバックヨ 新台情報

Pぱちんこ新必殺仕置人スペック詳細‼ 85%継続のV確STタイプ‼ 牙狼8、北斗無双、慶次漆黒と出玉性能を徹底比較‼

更新日:

アバックヨだ。

京楽のPぱちんこ新必殺仕置人のスペック情報が出ているな。

85%継続V確変STタイプという、今までの仕事人シリーズではなかった高継続タイプのスペックになっているようだ。

さっそく詳細を見てみよう。

※現時点の情報を基に記載しております。間違い等がありましたら直ちに修正させていただきます。

 

Pぱちんこ新必殺仕置人 スペック・継続率・出玉詳細

低確率 1/319.7
高確率 1/69.8
アタッカー性能 15個賞球×10カウント
タイプ V確ST
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
3R確変 50% 450個 ST130回 約85.0%
3R通常 50% 450個 時短100回 約26.9%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
10R確変 60% 1500個 ST130回 約85.0%
3R確変 40% 450個 ST130回 約85.0%

リアルボーダーライン

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : ???回 / 1000円

※リアルボーダーラインはホールへの導入後に記載します。

 

解説

型は極めてシンプルなV確変ロングSTタイプ。

同じ型で同時期に販売される牙狼8と違い、ラウンド振り分けがあるので平均出玉はそれほど多くないが、その代わりに

  • 85%の高継続率
  • ST中のスピード

を売りにしているようだな。

 

初回大当り時の確変突入率は、通常大当り後の時短引き戻しを加味すると、

  • 約63.5%

 

初回大当り時の2連以上する期待度は、

  • 約56.0%

となる。

 

50%の確変突入率に加え、通常大当り時でも時短100回ついてくるので、数値的にも遊技感覚的にも充分に連荘の期待を持つことはできるだろう。

 

反面、大当り時の出玉は少ない。

  • 初回大当り時の出玉は450個で固定
  • RUSH中の平均大当り出玉は1080個

このような数字になるので、とにかく連荘させて大当り回数を重ねないとまとまった出玉を得ることはできないタイプだと言える。

 

牙狼8・北斗無双・慶次漆黒との出玉比較

同時期にリリースされる牙狼8や、現市場で最高の出玉性能を持つ北斗無双・慶次漆黒と比較してみよう。

 

■初回大当たり時性能比較:(低確率はいずれも1/319)

  ラウンド 割合 払い出し出玉 時短回数 次回当選期待度
必殺仕置人 3R確変 50% 450個 130回 約85%
3R通常 50% 450個 100回 約26.9%
牙狼8 10R確変 33% 1500個 160回 約80%
10R通常 67% 1500個 100回 約26.9%
慶次漆黒 6R確変 55% 900個 100回+α 約67%
6R通常 45% 900個 100回 約26.9%
北斗無双 6R確変 50% 900個 130回 約80%
6R通常 50% 900個 100回 約26.9%

 

スペック表としては上記のとおり。

慶次漆黒のみ転落抽選タイプだが、遊技上の型は全機種ほぼ同じと思っていい。

性能を整理して比較すると、

 

初回大当り時平均出玉

  • 必殺仕置人: 450個
  • 牙狼8   : 1500個
  • 慶次漆黒 : 900個
  • 北斗無双 : 900個

 

初回大当り時に2連以上する期待度

  • 必殺仕置人: 約56.0%
  • 牙狼8   : 約44.4%
  • 慶次漆黒 : 約49.0%
  • 北斗無双 : 約53.5%

 

このようになる。

初回大当り時に2連以上する期待度は仕置人がもっとも高いものの、初回大当り時の出玉がかなり少ないので、初回大当り時性能という観点からは仕置人のスペックはなかなか厳しいタイプと言える。

単純に、RUSH中も40%の3R大当りに偏った場合、

  • 牙狼8の単発終了時の出玉(1500個)に、仕置人は3連した時の出玉(450×3=1350個)でも届かない

ということも起こりうる。

もちろん、これはRUSH中に10R大当りを一度も引けなかった場合という仮定の話ではあるが、大当りすれば必ず1500個獲得できる牙狼8と異なり、非常に少ない出玉で次の大当りを目指さないといけないケースが多くなるスペックであることは間違いないだろう。

 

■RUSH時性能比較:

  ラウンド 割合 払い出し出玉 時短回数 次回当選期待度
必殺仕置人 10R確変 60% 1500個 130回 約85%
3R確変 40% 450個 130回 約85%
牙狼8 10R確変 100% 1500個 160回 約80%
慶次漆黒 16R確変 100% 2400個 100回+α 約67%
北斗無双 16R確変 51% 2400個 130回 約80%
8R確変 7% 1200個 130回 約80%
4R確変 42% 600個 130回 約80%

 

スペック表としては上記のとおり。

RUSH中に関しても、遊技上の型は全機種ほぼ同じだな。

100%確変で、ST・転落の差はあるものの要は「当たらず抜け」があるタイプ。

性能を整理して比較すると、

 

RUSH時大当たり平均出玉×継続率

  • 必殺仕置人: 1080個×85%
  • 牙狼8   : 1500個×80%
  • 慶次漆黒 : 2400個×67%
  • 北斗無双 : 1560個×80%

このようになる。

継続率と出玉のバランスが違うだけで、遊技する上で体感できる出玉性能としては大差ない。

牙狼8と同様に必殺仕置人も、現市場で最高のRUSH性能と言っていいだろう。

 

 

PV・試打動画等

 

まとめ

同時期の牙狼8と比較されることが多くなるだろうが、どちらの機種も新規則機ミドルとしては今までにない性能であると言える。

型としても、65%規制前に一世を風靡したV確変ロングSTの高継続タイプということで、期待感は非常に高い。

  • 大当り1回の出玉を重視した牙狼(その代わりRUSH中のスピード・テンポ感は仕置人より劣る)
  • 連荘回数を重視した仕置人(RUSH中のスピード・テンポ感重視。その代わり少出玉で終わることもあり)

簡単にいうとこのような特徴になると思われるが、この2機種が同時期にリリースされることで、ユーザーが好みやその時の気分でスペック選択することも出来るだろう。

 

ヒット機種が登場しておらず、閉塞感のある2019年のパチンコ市場に、この2機種が風穴を開けてくれることを期待したい。

ホールで遊技できる日が非常に楽しみだ!

 

牙狼8のスペック記事はこちら!

【パチンコ牙狼8】P牙狼-冴島鋼牙-スペック詳細‼ 注目の出玉性能を北斗無双・慶次漆黒と徹底比較‼

アバックヨだ。 サンセイの新機種、牙狼8のスペック情報が出ているな。 一時、4円パチンコにおいて海シリーズに近づくほどのシェアを獲得しておきながら、スペック規制の影響で今や市場からほぼ姿を消した牙狼シ ...

続きを見る

 

過去の「新台スペック情報」の記事はこちら!

「新台情報」の記事一覧



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.