リンク広告




ぶちゃけてぃ 考察

『カイジ4』『今日もカツ丼』の納品ゲージのばらつきや事前情報との乖離に対する問題提起を見て思うこと ※追記あり(メーカー側からのアナウンスに関して)

更新日:

スポンサーリンク

ぶちゃけてぃです。

パチンコホールの店長である楽太郎氏がツイッターで以下のような問題提起をされています。

※6/25(月)22時。本記事で取り上げた機種をリリースしたメーカーからアナウンスがあったようですので、情報を最後に追記しました。

 

 

氏が書かれている、

  • 業界全体が「もうちょっとマシ」な状態になればと思って情報発信している。
  • 業界側は世間やユーザーに対して現在進行形の情報を提供するべき。
  • 過去の問題点は隠匿すべきではない。

この3点は、私たちがブログ記事を書く上で意識している点と一致します。

本ブログは、まだまだ見ていただいている方も少ない零細ブログではありますが、このような問題提起は、1人でも多くの方に見ていただいて、見る人それぞれが賛否を考えることが大切だと思いますので、微力ながら拡散の一助になればと思い、記事にさせていただきました。

 

私の考えたこと

私がこのツイートを見て、「元メーカー開発者」として感じたことは以下のとおりです。

納品ゲージのばらつきに関しては、以前よりホール側から指摘の多い問題ではあります。

メーカーによっても精度は大きく違いますし、ベニヤ板盤面なのか透明樹脂盤面なのかによっても違います。

私の知る範囲では、各メーカー、特に大手になるほどこの問題への対応をしっかりと考えてはいますが、完全にばらつきをなくすのはなかなか難しいのが現状です。

釘を大幅に減らし、ゲージの大半を樹脂化するというのがほぼ唯一の解決方法だと思いますが、警察庁が規則改正でパチンコに設定を認めた意図は、それを進めてほしいということですので、いきなり封入式とまではいかないまでも、今後、大手メーカーを中心にその流れは加速していくとは思います。

ただ、今回のカイジ4や今日もカツ丼の問題は、これらの一般的な納品ゲージのばらつき問題とは一線を画すレベルのようです。

ネット上の情報や営業データを見るだけでも、かなり異常な状況であると言わざるを得ません。

氏もツイートで書かれていますが、これだけ納品された製品が事前情報と異なるものなら、それは「欠陥品」に近いものとなりますので、本来であれば、ホール側からメーカー側に強くクレームを言い、補償等の話を抜きにしても、

  • なぜこのような結果になったのか
  • 今後、同様の問題が起きないようにどのような対策を行うのか

という部分に関して、メーカー側から正式に、納得のいく説明があってしかるべきでしょう。

ただ、現時点ではそのような説明があったという話は聞きません。

本来なら、ホール側が一致団結してメーカー側に「納得のいく説明がないなら2度と機種を購入しない」という態度を取れれば良いのですが、現実として、規模も考え方もまったく異なる法人が一致団結することは不可能でしょうし、単独でもメーカーに対して影響力を持つ大手法人は、単独での話しかしないでしょうから、結局は有耶無耶になってしまうのかなと思います。

元メーカー開発の立場から確実に言えることとして、メーカー側がしっかりとした検証と対策を講じない理由は、単純に「なめている」からです。

やらなければならない状況に追い込まれないと、企業は動きません。

これは、パチンコメーカーに限らずそうであることは、日ごろのニュースを見ていればお分かりいただけると思います。

なので、このような問題を今後起きないようにするためには、メーカー側を「びびらせる」必要があるのですが、そのための最も良い手段である、ホール側が一致団結しての対応が難しいので、せめてSNSなどのネット上での情報発信を利用した「雰囲気づくり」はやるべきかなと感じます。

業界内でも、アクセスの多いブログやサイト、ツイッターを持つ方は多くいらっしゃいますので、そういった方々が、今回の件を話題にし、「原因追及と今後の対策」をメーカー側はしっかりと発表すべきであるというようなことを発信していけば、メーカー側が無視できないような空気を作っていくことは少なからず可能だと思います。

これはこれでかなり難易度が高いことですが、

  • 何かしらそういった「メーカーを本気にさせる雰囲気」を作り出さないことには抜本的な解決には至らないので、ホール側はそれに繋がるような行動をとるべき。

自分自身が当事者(ホール側の人間)ではないので、どうしても他人事のような結論にしかならないのが心苦しいのですが、記事として取り上げさせていただく以上、自分がどう考えているのかを発信するのが最低限の礼儀だと思いますので、書かせていただいた次第です。

今日の記事はこれで終わりとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

6/25(月)22時追記分

以下の内容のアナウンスがあったようです。

 

 

 

両メーカーから、購入ホールに対しての謝罪と補償内容の案内がアナウンスされたようです。(カイジ4はまだ未確定情報扱い)

この内容に関しては、当事者でない私が何かをコメントすることはありません。

私の考えは、本記事で書いたとおり、

  • 今後このようなことが起きないように、検証と対策をしてほしい
  • そうなる雰囲気づくりをしてほしい

この2点から変わりません。

カイジ4も今日はカツ丼も、機種としては充分に魅力ある仕上がりになっていると思います。

遊技したユーザーの中に、ファンになったという方もいらっしゃるでしょう。

元メーカー開発という立場から、両機種の担当者が「面白い機種を作りたい」という想いで必死で開発したであろうこともわかります。

それだけに、このような結果になってしまったことが残念でなりません。

この件に関して「ホール側に問題がある」という意見もよく目にしますが、私はホール側での勤務経験はありませんので、そちらに関しては意見を言う資格はありません。

このブログで問題提起したいのは、改善すべきはメーカー側であるということです。

営業戦略の問題、設計の甘さの問題、納品ゲージの精度の低さの問題など、今回の件で問題があった部分は、開発担当者や営業マン個人で発生する問題ではありません。

会社としての姿勢に問題があります。

記事内でも述べたように「なめている」のです。

今回の件は、業界にとってマイナスの結果しかありません。

このようなことを起こしてはいけないと、メーカー(特に経営者及びそれに準じるクラスの社員)側がしっかりと認識できるような雰囲気づくりを業界全体でしていくことが、今回の件をマイナスだけに終わらせない唯一の方法だと思いますので、私も、今の職責の範囲内でできることをやっていきたいと思います。

 

まだまだ始めたばかりの零細ブログで、見てくださる方は多くありません。

励みになりますので、もしよろしければ、応援クリックお願いします!

押すと、このブログのランキングが上がって、すごくうれしいです!

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

記事内広告



関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-ぶちゃけてぃ, 考察
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.