リンク広告



アバックヨ 新台情報

七つの大罪ロングPV&スペック確定!? 海やまどマギと比較するとスペックの特徴がよくわかる! かなり挑戦的だが・・・

投稿日:

スポンサーリンク

アバックヨだ。

七つの大罪のPVが公開されたな。

スペックも、どうやら先日の記事で紹介した内容で間違いないようなので、改めて他機種と比較して分析してみよう。

 

七つの大罪ロングPV&スペック

 

大当たり確率 1/319
RUSH中確率 1/13.4
アタッカー性能 12個賞球&10カウント
RUSH突入率 50%
RUSH継続率(合算) 約74.3%
スペックタイプ 1種+2種
特図1
大当たりラウンド 時短回数 払い出し 割合 RUSH継続期待度
15R大当たりA 99回 1800個 50% 約99.9%
15R大当たりB 0回 1800個 50%  非突入
特図2
大当たりラウンド 時短回数 払い出し 割合 RUSH継続期待度
15R大当たりA 99回 1800個 12.5% 約99.9%
15R大当たりB 14回+4回 1800個 17.5%  約75%
15R大当たりC 7回+4回 1800個 20% 約57%
4R大当たりA 99回 480個 12.5% 約99.9%
4R大当たりB 14回+4回 480個 17.5% 約75%
4R大当たりC 7回+4回 480個 20% 約57%

 

スポンサーリンク

 

スペック比較

本機種のスペックの特徴は、

  • 初回大当たりがすべて15R大当たり
  • 継続率可変型RUSH

この2点だが、これがどうにも挑戦的というか、なんともいえないスペックになっている。

1種+2種タイプのスペックの最大の特徴は、

  • 普通のスペックではできないRUSH継続率を実現

する点であり、それに加えて、最近高稼働している「シンフォギア」や「まどか★マギカ」は、

  • AKBやマクロスFと違い、大当たり後に必ず時短をつけることで、突破型的なゲーム性にしている

ことが特徴だ。

従来の1種+2種タイプの弱点だった、通常大当たり時に時短も何もなく、大当たり終了後にすぐに左打ちに戻ってしまう「ノーチャンス感」を払拭したことが、高稼働の要因の1つになっていると俺は考えている。

七つの大罪のスペックは、この1種+2種の特徴をある意味否定しているようなスペックになっていて、是非の判断がかなり難しい。

スペックの特徴を理解するために、「スーパー海物語in沖縄4」&「まとか★マギカ」のスペックと比較してみよう。

 

スポンサーリンク

 

沖縄4との比較

■初回大当たり時:

  • 七つの大罪 : 1800個確定&50%で次回大当たり・50%で時短なし
  • 沖縄4 : 1536個確定&50%で次回大当たり・50%で時短100回

■RUSH性能:

  • 七つの大罪 : 平均1140個&74.3%継続
  • 沖縄4 : 1536個&56.5%継続

まどか★マギカとの比較

■初回大当たり時:

  • 七つの大罪 : 1800個確定&50%で次回大当たり・50%で時短なし
  • まどか★マギカ : 945個確定&60%で次回大当たり(1%で次回大当たり・14%で時短10回(突破率77%)・85%で時短5回(突破率52%))

■RUSH性能:

  • 七つの大罪 : 平均1140個&74.3%継続(大当たり時の25%で次回大当たり確定)
  • まどか★マギカ : 平均1191個&80%継続(大当たり時の10%で次回大当たり確定)

 

要は、沖縄4と比較すると、

  • メリット:初回出玉が多い。RUSHの継続率が高い。
  • デメリット:初回50%で時短なし。RUSH時の出玉が少ない。

まどか★マギカと比較すると、

  • メリット:初回出玉が2倍多い。初回RUSHに入れば必ずもう1度大当たりする。RUSH時の次回確定当たりの割合が多い。
  • デメリット:初回突入率が低い。初回50%で時短なしノーチャンス。RUSHの継続率が低い。継続率が可変するので安心感がない。

となる。

 

まとめ

どちらのスペックと比較しても「一長一短」となるため、是非の判断が非常に難しい。

そういう意味では、メリットをより楽しめるような、デメリットを感じさせないような「演出」になっているかどうかがかなり重要な機種だといえる。

特に、

  • 初回大当たり時の50%で時短なし
  • RUSHの継続率が可変タイプなので、安心できるポイントが遠い。(99回時短が確定しないと安心できない)

この2つの懸念点を演出で払拭できているかが最重要だと思う。

旬の人気コンテンツで、スペックも他の1種+2種とは一味違うタイプになっているので、演出と噛み合えば、オンリーワンの人気機種になることが期待できるので、ホールで実際に遊技できる日を楽しみに待ちたい。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることが確定しました。 今までは再現できなかった、80%継続のST機や確変機が開発可能になるということで、ゲーム性の幅が広がることは確実です。 ただ、 ...

2

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることを受けて、一昨日は、『真・北斗無双』のスペックを新規則で再現したらどうなるのかを記事にさせていただきました。 今日は、甘デジバージョンということ ...

3

ぶちゃけてぃです。 カイジ4の営業時の問題に端を発する高尾関連の話題。 最近も、 問題の責任者の1人と言われていた名古屋支店長が退職。   高尾 カイジ4の問題で 名古屋支店長 退職 との事 ...

4

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

6

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

-アバックヨ, 新台情報
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.