リンク広告




パチンコ稼働 鳥居ちゃん

【パチンコ稼働】2018年4月第2週 まどかマギカの稼働状況で感じる、パチンコ設定への不安!?

投稿日:

スポンサーリンク


鳥居ちゃんです。

先週一週間の稼働状況を振り返ります。

2018年4月第2週

稼働状況としては、相変わらず『一騎当千』がぶっちぎりの状況。

店全体の稼働を牽引というには台数が少ないのですが、GW中もトップクラスの貢献をしてくれそうです。

今週は、『偽物語』『R-18』『翠星のガルガンティア』が新台として入荷しますが、大型機種がない状況ですので、ある意味、新台入替に頼らない連休営業という、各ホールの地力が試される重要なGWになりそうです。

『大海4甘』『トキオ』は、予想どおりの稼働推移ですが、今の状況だと、予想どおりに使えることが何より重要なことですので、とりあえずは及第点というところでしょうか。

『まどか☆マギカ まどかver』は、かなり苦戦しています。

まあ、ただのスペック替え機ですので、特に期待していたわけではないのですが、やはりスペックの中途半端さが良くなかった印象です。

1/228だと、ベース機の1/319と比較して、大当たりの軽さは体感できませんが、当たった後の出玉性能の低さはしっかり体感できてしまうので、ユーザーに選択されづらいですね。『シンフォギア』もありますし。

この状況を見てあらためて不安に思ったのが、パチンコの設定です。

大当たり確率しか変更できないので、たとえば、設定1と6の差って、今回の『まどか☆マギカ』の319verと228verの違いになるわけです。

適合率等を考えると、ここまでの差をつけることすら困難で、現実的には、設定1が1/319、設定6が1/279とかの可能性すらあります。

もちろん、まどか☆マギカとは違い、ST中の高確率や、時短中の低確率が甘くなる分、大当たりした後の出玉性能も高くなるわけですが、入り口となる低確率の差は、どう考えてもユーザーが体感できるレベルのものにはならないと思われるので、高設定の価値が、どこまでユーザーに伝わるものになるのか、非常に不安に感じます。

下手をすると、「どうせ低設定だから出ないだろう」という、ユーザーにマイナスの感情や、遊技をやめるきっかけを増やすだけの結果になる可能性もあるわけですが、そこはメーカー各社もよくわかっているはずなので、『設定』というものをどのように組み込んでくるのか、楽しみにしたいと思います。

記事内広告



関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-パチンコ稼働, 鳥居ちゃん
-,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.