リンク広告



パチンコ稼働 鳥居ちゃん

【パチンコ稼働】2018年6月第2週 6月上旬の新台の稼働状況&犬夜叉の可能性について

更新日:

スポンサーリンク

鳥居ちゃんです。

先週一週間の稼働状況を振り返ります。

 

2018年6月第2週の稼働状況

業界内ではカイジ4の話題が多いですし、実際、カイジ4の稼働状況は芳しくありませんが、他の新台もかなり微妙な状況です。

稼働順でいうと、

  1. 犬夜叉
  2. シュタインズ・ゲート
  3. カイジ4
  4. Pリーグ

の順になりますが、もっとも稼働が良い犬夜叉でも、お盆までは持たないだろうというレベルの稼働状況です。

今年リリースされた新台(バージョン機を除く)で、稼働面で購入する価値があったと言えるレベルなのは、

  • 黄門ちゃま~神盛JUDGEMENT~(1月)
  • FAIRY TAIL(2月)
  • 一騎当千(3月)
  • 偽物語ライトミドル(4月)

この4機種ぐらいですが、これらの機種の稼働推移と比較すると、6月上旬の新台はすべてかなり下の結果となります。

5月の新台の中では、キャプテン翼2が今のところこれらの機種と同レベルの稼働推移をしていますので、

  • 毎月リリースされる機種の中で、1機種だけが納得のいく稼働推移をする

今年はきれいにこの法則があてはまる結果になっています。

今週から、北斗百裂や冬のソナタなどが導入されますが、6月の1台はこの中から現れるのか、注目したいと思います。

 

犬夜叉について

稼働状況だけを見るとそれほど良いわけではないのですが、2段階抽選タイプの機械としては、かなり健闘してくれていると思います。

少なくとも、前作の『うしおととら』よりははるかに良い状況です。

このタイプの機械は、うまくいけば、

  • お客様視点からは、「とりあえず1/99を目指せばいい」ので敷居を低く感じ、勝負しやすい。
  • ホール視点からは、利益調整できるポイントが複数あり使いやすい。
  • メーカー視点からは、液晶演出が1/99前提で開発できるので、液晶開発費を下げることができる。

とWINWINの状態にできる可能性を秘めています。

もちろん、これはすべてがうまくいった場合の理想でしかありませんし、実際には、上記のメリットがすべてデメリットに転じるケースの方が多いわけですが、なんの特徴も工夫もない「2400発搭載」だけがセールスポイントの機種よりは、今後に繋がる何かを感じさせてくれます。

このタイプに「設定」という要素がついてくれば、さらにゲーム性を広げることもできるでしょう。

大一様は、ここ数年ずっと低迷状態が続いていると思いますが、技術力や発想力はすごくあるメーカーだと思いますので、今後も是非、このタイプでの機種開発を追及していってほしいと思いますし、私も微力ながらそれを支えるような行動をしていきたいなと感じています。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることが確定しました。 今までは再現できなかった、80%継続のST機や確変機が開発可能になるということで、ゲーム性の幅が広がることは確実です。 ただ、 ...

2

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることを受けて、一昨日は、『真・北斗無双』のスペックを新規則で再現したらどうなるのかを記事にさせていただきました。 今日は、甘デジバージョンということ ...

3

ぶちゃけてぃです。 カイジ4の営業時の問題に端を発する高尾関連の話題。 最近も、 問題の責任者の1人と言われていた名古屋支店長が退職。   高尾 カイジ4の問題で 名古屋支店長 退職 との事 ...

4

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

6

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

-パチンコ稼働, 鳥居ちゃん
-, , , , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.