リンク広告



パチンコ稼働 鳥居ちゃん

【パチンコ稼働】2018年12月第3週 甘いと話題の牙狼の1週間のデータは!? AKB、エルドラは!? 12月上旬導入機種は早くも稼働割れ!?

投稿日:

鳥居ちゃんです。

先週一週間のパチンコ稼働を振り返ります。

 

2018年12月第3週のパチンコ稼働

先週は、今年最後のパチンコ新台入替になったホールも多いかと思います。

導入機種は、

  • AKB48-3
  • 牙狼 TUSK OF GOD
  • Fエルドラ

話題の中心はなんといっても牙狼ですが、まずは他機種の結果から見ていきます。

 

『AKB48-3』は、初動は今年導入の新台の中で可もなく不可もなく、平均くらいの数値でのスタートになりました。

コンテンツ、機種の中身、スペック等、すべてが初動特化型の作りであることを考えると、決して好調なスタートとは言えないでしょう。

その後の稼働の下落率は、先週導入機種の中では一番緩やかではありますし、年末年始営業の中心になってくれることは間違いありませんが、新台期間&年末年始休暇が終わった後、どこまでお客様が支持してくれるのかというと、あまり期待はできそうもないというのが率直な印象です。

今年の京楽様は、メーカーとして力をいれた本命機である『ウルトラセブン2』『AKB48-3』の稼働がいまひとつで、良い意味で力の抜けていた『冬のソナタ』『仮面ライダー』が長期稼働するという非常に興味深い結果になったわけですが、

  • 仏壇枠
  • ハイクオリティ&過剰な演出
  • 小当たりRUSHスペック(全てが悪いわけではないが、AKBのような入り口の超辛い、3段階モードタイプは特に)

といった、インフレ&高射幸志向の機種開発をお客様が望んでいないということをどのメーカー様よりも身をもって知ることができたわけですから、この経験値を活かして、来年以降、業界をリードするような新機軸の機種をリリースしてくれるであろうと期待しています。

 

『Fエルドラ』は初動から非常に厳しい状況で、その後の稼働の維持率もかなり悪いです。

変則的なスペックでありながら、作りが丁寧とはお世辞にも言えないですし、この結果は致し方なしというところでしょうか。

出玉速度という意味では、今後、唯一無二の性能であり続けることは確かなので、うまく使えるホールではもしかすると稼働が上がってくる可能性もあるかもしれませんが・・・

もしお客様をつけることができるホールがあれば、非常に強い武器になる機種であるのも確かですので、そういうホールが現れるのかどうかは注視したいと思います。

 

12月上旬の導入機種は、どの機種も稼働状況が芳しくありませんでしたが、

  • P沼
  • 地獄少女宵伽 きくりの地獄祭り
  • スターオーシャン4

この3機種に関しては、すでに平均稼働割れを起こしている状況です。

どの機種も導入前からリスクは見えていた機種たちですが、来年以降、こうした機種の導入は益々控えていくホールが増えていくでしょうから、メーカー様も機種開発の方向性をかなり考え直していかないと、非常に厳しい状況になっていくと思われます。

 

牙狼 TUSK OF GOD

ネット上で散々話題になった牙狼。

データ等も公開されていますので既に周知の内容ですが、カタログスペックから考えられる数値よりもはるかに甘いというのが事実です。

スペックの甘い・辛いを判断する上でもっとも重要な指標になるのが、初当たり1回で期待できる出玉を表すTY。

スペックの甘い・辛い、お客様視点からいうところのボーダーラインは、大当たり確率(低確率)とTYのバランスで決まるわけですが、このTYの数値が異常といっていい結果になっています。

 

TYの計算は、様々な要素によって変動しますが、牙狼のカタログスペックから計算できるTYは、

  • 4200~4400程度

これがどう考えても正しい数値になります。

が、実際の営業データでは、

  • 4860~5060程度

という、考えられない数値が出ています。

 

現行機種でもっとも甘い真北斗無双ですら、

  • 4650前後

ですから、この数値がいかに甘いかということはお分かり頂けるかと思います。

 

甘さもさることながら、1週間の運用データで、最小値が4860、最大値が5060と日によってこれだけのバラつきがでることも異常ですね。

寝かせやクセなどの影響で大当たり確率そのものが変動する役物機ならいざ知らず、単純な次回まで確変タイプのスペックでこの数字はかなり考えづらいです。

 

アウトの数値だけで見れば、初動はAKB-3よりも良く、先週の導入機種の中ではもっとも良かったのですが、こちらも散々ネット上で話題になっているとおり、確変&大当たりの消化が極端に遅い為、総アウトに占める開放延長中・大当たり中の比率が高く、お客様の支持率以上にアウトが高く出ていることによる影響が大きいです。

要は、『打たされている』時間が長いので、稼働しているように見えるということですね。

 

ホール側からすれば極端に甘いので利益が取れない状況ですが、それがお客様に伝わっているかというとそんなことはなく、

  • ホール側は甘すぎて使えない。
  • お客様側からは、確変中や大当たり中の遅さ、初当たり時の35%の通常当たりに時短がついていないことなどから、むしろ辛い印象を持たれている。

という、考えうる最悪の状況にあるといって良いでしょう。

 

スペック絡みの問題が非常に多い1年でしたが、最後にまた大きなことをやってくれたなという感じでしょうか。

こうした問題が起きれば、ますます大手メーカー様とそれ以外のメーカー様に対する信頼度の差が開いていきますので、いろんな意味で、来年以降、メーカー様の淘汰が進んでいくのだろうなということを強く感じさせられる1年の終わりになりました。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 通常時ベース及び賞球数に関する日工組内規の改定が決定しましたね。 そこで今日は、 内規改定の内容 内規改定の理由 内規改定で出来ること この3点に関して記事にしたいと思います。 & ...

2

ぶちゃけてぃです。 先日、一般社団法人ぱちんこ広告協議会が主催する「ファンが選ぶパチンコ・パチスロ大賞2018」の結果が発表されました。 2017年のランキングやスロットに関しては「なるほどなあ」とい ...

3

ぶちゃけてぃです。 今年になってから、管理遊技機・メダルレス遊技機といった次世代遊技機に関してのアナウンスが増えてきています。 今までも色々と噂はありながらなかなか実態が見えてこなかったのですが、 6 ...

4

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 俺は、「設置台数 ✖ 稼働」という数値が、現在のパチンコホールでのリアルな稼働状況(稼働量)を表すのにもっとも適切な指標だと考えている ...

5

ぶちゃけてぃです。 今年も残すところあと僅かとなりました。 新規則機の登場、内規緩和など大きなトピックの多い1年でしたが、年の最後ということで、今年リリースされたパチンコ機の稼働ランキングをお届けした ...

6

~10年前~ 某社マーケティング部 【マーケ部部長】よーし、新機種のCM作るぞ! 話題作だから有名俳優も使って豪華にな! 枠もゴールデンをがっつり抑えて! 広告代理店との打ち合わせにコンテ確認に撮影立 ...

7

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

-パチンコ稼働, 鳥居ちゃん
-, , , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2019 All Rights Reserved.