リンク広告



アバックヨ 先週のパチンコニュース

【先週のパチンコニュース】ギャンブル依存症対策推進基本計画が閣議決定‼、旧規則機の取扱いについての通達が‼、ニコニコ超会議2019で超パチンコ&パチスロフェスティバル開催‼、など

更新日:

アバックヨだ。

先週一週間のパチンコニュースを振り返るぞ。

 

2019年4月第3週のパチンコニュースまとめ

 

ギャンブル依存症対策推進基本計画が閣議決定

政府は4月19日、ギャンブル等依存症対策を推進する上での基本計画の閣議決定を行った。基本計画案に対しては、3月7日から26日まで行ったパブリックコメントで913者が意見を提出したほか、ギャンブル等依存症の当事者や関係事業者、有識者らで構成した関係者会議で意見交換を行うなどしていた。
 
閣議決定された基本計画では、パチンコ業界が取り組むべき課題について、関係者会議で出た意見を一部反映。普及啓発の推進でSNSなどを効果的に活用することが追加されたが、案の時点からの大きな変更はなかった。「ぱちんこ営業所のATM等の撤去」については、パブコメなどで出た意見を元に、ATM等の設置が民間事業者間の契約関係に基づき行われているという現状を認めたものの、「ぱちんこ営業所のATM等の撤去等」として、最後に「等」の文字を追加するに留めた。「ATM等の撤去」だけではない依存防止対策につながる業界の取組みを想定したという。
 
また、「出玉規制を強化した遊技機の普及、出玉情報等を容易に確認できる遊技機の開発・導入」では、改正後の規則に適合する遊技機への入替えは個々の営業所の取組みだけ達成されるものではないことを踏まえ、「各ぱちんこ営業所において、改正規則の経過措置が終了する平成33年春までに、出玉規制が強化され射幸性が抑制された改正後の規則に適合する遊技機に全て入れ替える。」を、「各ぱちんこ営業所において改正規則の経過措置が終了する平成33年春までに出玉規制が強化され射幸性が抑制された改正後の規則に適合する遊技機に全て入れ替えることに万全を尽くす。」に書き改めた。

引用元:遊技通信web様

 

基本計画案は以下のとおり。

 

 

今後、この基本計画案に記載されている内容が「どのように具体化されるのか」「どの程度の強制力をもって実施されるのか」等、現状では不透明なところも多いが、業界関係者として情報は把握しておいた方がいいだろう。

より詳細な内容を知りたい方は、以下の首相官邸HPを参照してください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gambletou_izonsho/

 

旧規則機の取扱いについての通達

 

現在、ホールで設置されているほぼすべてのパチンコ・スロットを2021年2月までには入替しないといけないわけだが、現在の月間のパチンコ・スロットの販売台数から考えても、それを達成するのはほぼ不可能。

メーカー側でも、それを考慮しての販売スケジュール・開発スケジュールは各社検討しているものの、保通協の適合率の低さもあり、「なんとなくやっている」という程度でしかない。

要は、メーカー側・ホール側ともに危機感はあるものの、目先のことで精一杯で、2年後の具体的なビジョンは描けていないというのが現状だろう。

今後、まだまだ大きな混乱があるのは間違いないだろうな。

 

ニコニコ超会議2019で「超パチンコ&パチスロフェスティバル」ブースが展開

日本遊技関連事業協会(日遊協、庄司孝輝会長)は、4月27、28日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」で、「超パチンコ&パチスロフェスティバル@ニコニコ超会議」と銘打ったブースを展開すると発表した。

 ブース展開の目的は「来場者のメイン層である若年層やノンユーザーに対してパチンコ・パチスロの認知拡大と遊び方のレクチャーを行う」、「のめり込み防止対策を行う」の2点。

 今年のブースは、出展ではなく「超コスプレエリア」にカテゴリー協賛する形でブースを3小間展開する。同ブースでは最新のパチンコ・パチスロ機種の試打、人気機種のノベルティ配布、来場者アンケートのほか、「依存症対策」、「のめり込み対策」などを取り上げたパネル展示なども行う予定だ。

引用元:Green Belt 様

 

現状、メーカーで参加を表明しているのは「ニューギン」のみか?

出展の規模も例年に比べてかなり小規模になりそうで、あまり盛り上がりはなさそうな印象だが・・・

本来、メーカーにはこうした場で、大々的に一般人に対する報知活動をしてほしいので、参加するメーカーには頑張ってもらいたい!

(みんなのパチンコフェスで各社(特に大手)、燃え尽きた感があるな。こうした活動はいろいろと手間や費用がかかる割に、目に見えてすぐに成果が上がるものではないので、今の各社余裕がない状況では、あまり期待は出来ないかもしれないな。残念ながら。)

 

2019年入替自粛情報の一覧が話題に

 

埼玉県が非等価に!?

 

ダイナムが熊本地震復興支援に1165万円を寄付

ダイナムは4月16日、熊本市の熊本県庁で平成28年熊本地震の復興支援として同県に対し、1165万2000万円を寄付。これは、2018年9月1日~2019年2月28日の間に、系列店の来店客の協力により、集まった玉/メダル相当額。保坂明取締役が訪れ、同県総務部の山本倫彦部長に目録を手渡した。山本部長は「いまだに1万5000人が仮設住宅で生活しており、継続的に寄付をいただけるのは、熊本県民としても大変、心強く感じる」と述べ、謝意を示した。熊本地震の復興支援に対する同社の義援金・寄付金総額は、1億1915万6510円となった。

引用元:PLAY GRAPH 様

 

動画撮影歓迎のパチンコ店が話題に

 

時代ですな。

 

過去の「先週のパチンコニュースまとめ」の記事はこちら!

「先週のパチンコニュース」の記事一覧



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 先週のパチンコニュース
-

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.