リンク広告



アバックヨ 新台情報

Pフィーバースーパー戦隊 スペック・継続率・出玉詳細! 継続率80%オーバーのV確ST機!ヱヴァ13超暴走やシンフォギアとの比較も!

更新日:

アバックヨだ。

SANKYOの新機種、Pフィーバースーパー戦隊のスペック情報が出ているな。

6段階設定付きのライトミドルで、継続率80%オーバーのV確STタイプ。

65%規制前にホールの主力だった、V確STタイプがいよいよ登場してきたわけだ。

さっそく詳細を見てみよう。

※リアルボーダーラインを追記(2019/4/26)

 

パチンコPフィーバースーパー戦隊 スペック・継続率・出玉詳細

  設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
低確率 1/199.8 1/196.2 1/191.6 1/185.7 1/180.0 1/175.2
高確率 1/76.2 1/74.8 1/73.1 1/70.8 1/68.7 1/66.8
アタッカー性能 11個賞球×10カウント
タイプ V確STタイプ(ST120回)
確変割合 50% ⇒ 100%
時短回数 100回
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数
4R確変当たり 50% 440個 120回(ST)
4R通常当たり 50% 440個 100回(時短)
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数
10R確変当たり 40% 1100個 120回(ST)
8R確変当たり 4% 880個 120回(ST)
6R確変当たり 16% 660個 120回(ST)
4R通常当たり 40% 440個 120回(ST)
低確率 高確率 ST120回時継続率 時短100回転の大当り期待度
1/199.8 1/76.2 約79.5% 約39.5%
1/196.2 1/74.8 約80.1% 約40.0%
1/191.6 1/73.1 約80.9% 約40.7%
1/185.7 1/70.8 約81.9% 約41.7%
1/180.0 1/68.7 約82.8% 約42.7%
1/175.2 1/66.8 約83.6% 約43.6%

リアルボーダーライン

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 21.5回 / 1000円

全国データでの平均の大当り確率は約1/197で、この数字はそれに対してのボーダーライン。

つまり、全国的な設定の使用状況は、設定2~1となる。

設定はほぼ1だと考えて遊技するべきだろう。

設定1でのリアルボーダーラインは、

  • 22.0回/1000円

程度になる。

 

解説

 

■初回大当たり時

一律で4R(440個)の出玉を獲得。

50%で、確変大当たりでST120回へ。

50%の通常大当たりでも時短が100回ついてくる。

設定ごとに数値が異なるが、初回大当たり時のST突入率は、時短引き戻しも加味すると、

  • 設定1 : 約69.7%
  • 設定6 : 約71.8%

と、かなり高い数値になる。

いわゆる昔通りのRUSH中確変割合が100%で継続率80%オーバーのV確ST機は久しぶりの登場なので、STへの突入率の高さを重視したということかもしれないな。

 

■RUSH中

ST120回のRUSHで、継続率は、

  • 設定1 : 約79.5%
  • 設定6 : 約83.6%

と高い性能。

そのかわり出玉は控えめで、

  • 平均大当たり出玉 : 約756個(払い出し)

となる。

出玉性能を、同じライトミドル帯のヱヴァ13超暴走やシンフォギアと比較してみよう。

 

ヱヴァ13超暴走、シンフォギアとの比較

  Pスーパー戦隊 Pヱヴァ13~超暴走~ シンフォギア
低確率 1/199.8~1/175.2
1/199.8 1/199.8
高確率 1/76.2~1/66.8 1/68.4 1/7.4
アタッカー性能 11個賞球×10カウント
10個賞球×10カウント 14個賞球×7カウント
初回単発大当たり時出玉 440個 400個 392個
RUSH突入率 約69.7%~約71.8%
約57.0% 約51.6%
RUSH時平均出玉 約756個 約684個 約874個
RUSH時継続率 約79.5%~約83.6%
約84.5% 約79.7%

 

特徴的なのはやはり、

  • RUSH突入率

だ。

ヱヴァは次回まで確変タイプ。

シンフォギアは突破型の1種+2種。

スーパー戦隊はV確STとすべてタイプが異なるので、この表に記載の数値がそのまま出玉性能差というわけではないが、

  • 高継続ライトミドルタイプの中でも、もっともRUSHに突入しやすいタイプ

という部分がスペック上の特徴であることは確かだと言えるだろう。

 

PV・試打動画等

 

まとめ

出玉性能的には設定付きライトミドルということもあり、かなり抑えめの性能ではあるが、65%規制前に市場を席捲していたV確STタイプということで、興味深いスペックではある。

しかし、相変わらずSANKYOは早いな、申請を通すのが。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

2020年度にリリースされたパチンコ全機種と定番機種の、TS・TY・ボーダー・天井回数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載さ ...

2

2020年に販売されたパチンコ全機種の、販売台数の一覧です。 新機種がリリースされるたびに、随時更新していきます。 複数スペック販売機種や台数の少ない機種は掲載されていない場合があります。 記載してい ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2020 All Rights Reserved.