リンク広告



アバックヨ 新台情報

P新鬼武者 超・蒼剣 スペック詳細! 新規則小当たりRUSHの性能は!? ウルトラセブン2と比較してみると・・・

更新日:

アバックヨだ。

P新鬼武者 超・蒼剣のスペック情報が出ているな。

初めての新規則機319タイプの新機種になりそうだが、設定はやはり「無し」

設定付きの319タイプは軒並み申請を通ってこないので、現実的に考えると、

  • 設定なし
  • 設定をつけて極端に出玉性能を落とす

の2択になるのが現状なので、設定なしという判断は致し方がないところか。

さっそく詳細を見てみよう。

※11/21 リアルボーダーライン追記

 

P新鬼武者 超・蒼剣 スペック詳細

 

低確率 1/319.7
高確率 1/61.0
確変割合 60%
上アタッカー性能 15個賞球×10カウント
下アタッカー性能 13個賞球×8カウント
タイプ 次回まで確変タイプ 小当たりRUSH
小当たりRUSH性能 約24個/1回転
特図1 
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
4R確変A 50% 416個 0回(小当たりRUSH) 100%
4R確変B 10% 416個 100回(101回転目から小当たりRUSH) 100%
4R通常A 30% 416個 80回 約22.2%
4R通常B 5% 416個 60回 約17.1%
4R通常C 5% 416個 40回 約11.8%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
10R確変 50% 1500個 0回(小当たりRUSH) 100%
4R確変 5% 416個 0回(小当たりRUSH) 100%
2R確変 5% 0個 100回(101回転目から小当たりRUSH) 100%
2R通常A 8% 0個 80回 約22.2%
2R通常B 8% 0個 60回 約17.1%
2R通常C 9% 0個 40回 約11.8%
2R通常D 15% 0個 20回 約6.0%

リアルボーダーライン

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 21.0回 / 1000円

 

このようなスペックとなる。

 

特徴をまとめると、

  • 初回大当たり時の出玉は416個で固定。
  • 初回大当たり時の60%で確変突入。
  • うち、50%は小当たりRUSH突入。
  • 1回の小当たりRUSHの出玉期待値は、61×24=約1464個の払い出し出玉。
  • RUSH中の50%で最大出玉である10R1500個大当たり+小当たりRUSH。
  • RUSH中の45%は出玉無し大当たり。

こんなところだ。

新規則なので仕方がないのだが、かなり厳しそうなスペックという印象を受ける。

出玉性能をわかりやすく見るために、旧規則で同じ319・小当たりRUSHのウルトラセブン2と比較してみよう。

 

P新鬼武者とウルトラセブン2の比較

初回大当たり時出玉性能比較

■初回大当たり時平均出玉(小当たりRUSH分込み)

  • 新鬼武者     : 約1200個
  • ウルトラセブン2 : 約990個

■初回大当たり時に電サポ中に次回大当たりする割合(2連する割合)

  • 新鬼武者     : 約63.1%
  • ウルトラセブン2 : 約74.4%

 

右打ち中出玉性能比較

■右打ち中大当たり時平均出玉(小当たりRUSH分込み)

  • 新鬼武者     : 約1550個
  • ウルトラセブン2 : 約1625個

■右打ち中合算継続率

  • 新鬼武者     : 約64.2%
  • ウルトラセブン2 : 約71.0%

このような結果となる。

 

新鬼武者は、小当たりRUSHの性能が高く、且つ大当たり時の50%強で小当たりRUSHに突入するので、1回の大当たり時の平均獲得出玉は高めだ。

初回大当たり時の平均出玉はセブン2より上。

ただ、それ以外の点ではすべてウルトラセブン2に劣る数値になる。

 

とはいえ、これは規則が異なるので仕方のないところ。

感想としては、新規則のミドルタイプとしては、かなり頑張った方だとは思う。

 

右打ち中の大当たりの50%を占める10R確変+小当たりRUSH(平均獲得約1464個)は、新規則の1回の大当たりで獲得できる平均期待出玉のMAX値。

 

小当たりRUSHも平均獲得出玉を1500個以下にする必要があるので、これ以上の性能は規則上、絶対に不可能になっている。(これ以上やれるのは、ゴチ装置的なその他入賞口への入賞で底上げするくらい)

 

1回の大当たりで平均3000個近い払い出しになるので、この当たりを連荘させることができれば、それなりの差玉を出すことは可能だろう。

 

懸念があるとすれば、今年販売された小当たりRUSHタイプの機種で、メーカー発表された小当たりRUSHの出玉性能を実際に満たしていた機種が皆無である点。

ほぼすべての台が実際の性能は発表値を下回っているので、そのあたりがどうなのかは今後の情報を待ちたいところだ。

 

PVが公開!

 

まとめ

新規則ミドルとしては、考えうる最上の形の1つと言っていいスペックには仕上がっている。

ただ、それでも旧規則機の同タイプと比較すると、かなり出玉性能的に劣ることは事実だ。

 

設定という旧規則にはない魅力があるなら良いが、現状、新規則319タイプにそれを望むのは難しい。

 

こうなってくると、まだ旧規則での販売機種も残っており、市場の設置機種も圧倒的に旧規則機の今の状況では、なかなか判断が難しい機種だと言わざるを得ない。

 

市場に導入されたときにどのような反応をユーザーがするのか、来年以降の新規則機時代を占う最初の機種だと言えるので、今後の情報を楽しみに待ちたい!



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることが確定しました。 今までは再現できなかった、80%継続のST機や確変機が開発可能になるということで、ゲーム性の幅が広がることは確実です。 ただ、 ...

2

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることを受けて、一昨日は、『真・北斗無双』のスペックを新規則で再現したらどうなるのかを記事にさせていただきました。 今日は、甘デジバージョンということ ...

3

ぶちゃけてぃです。 カイジ4の営業時の問題に端を発する高尾関連の話題。 最近も、 問題の責任者の1人と言われていた名古屋支店長が退職。   高尾 カイジ4の問題で 名古屋支店長 退職 との事 ...

4

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

6

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

-アバックヨ, 新台情報
-, , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.