リンク広告




アバックヨ 考察

YouTuberのハウツー本炎上騒動を見て、若手企画者に伝えておきたいこと

更新日:

アバックヨだ。

有名なYouTuberのヒカル氏の名前を騙った、YouTuberハウツー本の出版で、炎上騒動が起こっている。

 

 

 

ヒカル氏の画像を使い、「師匠だと尊敬している人」とのコメントをつけている。

これに対して、ヒカル氏は以下のように反論。

 

 

これに、ヒカル氏の仲間であるラファエル氏も続く。

 

 

結果として、この本は出版中止になるようだが、この騒動を見ていて、1つ、特に若手の企画者に注意してほしいことがあったので、記事にした。

上のラファエル氏のツイートの添付画像に、お金をとってコンサルをしようとする人間に対する注意喚起が書いてある。

『YouTuberを育てられるのは、実績のあるYouTuberだけで、その能力があるなら、コンサルではなく、自分がYouTuberで稼げばいい』

というような趣旨のことが書いてあるのだが、これは、企画コンサルタントにも当てはまることが多い。

『企画』は、明確な正解があるものではなく、勉強方法が非常に難しいので、若手の企画者は、どうやってスキルアップしようかを日々考えていることと思う。

社内の先輩に教えてもらったり、自分で書籍やネットの情報を集めて考えることは良いのだが、有料で『教えます』的なことをうたっているコンサルタントのようなものを利用することは、おすすめしない。

俺も、職業柄、企画コンサルタント的なものを受講したことは何度もあるが(もちろん、自腹ではなく、業務の一環で)、基本的にはほぼ役に立たない。

ラファエル氏のツイートにもある通り、本当に優秀な企画者は、コンサルタントになんかならない。

また、企画というものは、業種・職種によってアプローチの仕方が大きく異なるもので、共通なのは、本当の基礎の基礎の考え方くらいだ。

どちらも、社内の先輩に教えてもらうか、自分で調べるのが一番確実で、赤の他人に教えてもらう類のものではない。

もちろん、優秀な企画コンサルタントも存在するし、自分で考えて情報の取捨選択がしっかりできるレベルなら、誰にどんな話を聞いても、自分の中で咀嚼することができるが、そのレベルに達していない若手企画者は、まずは、身近の人からしっかり学び、足りない部分は、自分で考えて、調べて、理解するようにしよう。

これは、ネット上で販売されている、有料情報商材なども同様だ。

企画には、形がない。ゆえに、若手のうちは悩むことも多いだろうが、とにかく、「教えます」といいながらお金を要求してくる輩には、十分に注意してほしい。

 

記事内広告



関連広告



リンク広告




300px広告








おすすめ記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

3

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

4

はじめまして。ぶちゃけてぃと申します。 記念すべき1回目の投稿、何を書くべきか迷いましたが、 1.開発に携わる人間ならではの記事 2.今後、記事をコンスタントに配信できるように、シリーズ化できるものが ...

5

ぶちゃけてぃです。 今日は、パチンコメーカー就職シリーズ第4弾として、パチンコメーカーの給与水準に関して記事にしたいと思います。   パチンコメーカー就職シリーズ④   今回の記事 ...

-アバックヨ, 考察
-, , , ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.