リンク広告



アバックヨ 新台情報

P蒼穹のファフナー2スペック詳細! スペック(出玉性能)はシンフォギアと完全一致! SANKYO得意のV役物はすごく面白そうだ!

更新日:

アバックヨだ。

SANKYOの新機種、P蒼穹のファフナー2のスペック情報が出ているな。

前作は歴史に残るレベルで攻略されてあっという間に撤去されたわけだが、それ故の話題性と、版権人気、2種タイプのオンリーワンのゲーム性も合わさって、ネット上などでは未だに根強いファンも多い機種だ。

本機種も2種タイプでSANKYOらしい独自性のある役物を搭載した機種に仕上がっているようだ。

さっそく詳細を見てみよう!

※2019/2/6 リアルボーダーラインを追記しました。

 

P蒼穹のファフナー2 スペック詳細

通常時(特図1)小当たり確率 約1/59.9
通常時小当たり時V入賞率 約1/3.3
通常時大当たり確率 約1/199.7
RUSH時(特図2)小当たり確率 約1/1
RUSH時小当たり時V入賞率 約1/1.8
RUSH時大当たり確率 約1/1.8
アタッカー性能 12個賞球×10カウント
タイプ 2種
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
9R大当たり 約3.8% 1080個 1回(+保留1個) 約80%
3R大当たり 約96.2% 360個 1回 約55%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 大当たり期待度
9R大当たり 約56.1% 1080個 1回(+保留1個) 約80%
3R大当たり 約43.9% 360個 1回(+保留1個) 約80%

 

リアルボーダーライン(2019/2/6追記)

リアルボーダーラインとは

計算上の数字ではなく、ホールでの営業データを基に算出した「リアルな」ボーダーライン。

ホールでの平均的な使用状況における、出玉率100%になる千円スタートのことなので、いわゆる「等価ボーダー」と同じ意味になる。

リアルボーダーライン : 23.1回 / 1000円

リアルボーダーラインは23.1回/1000円と激辛。

 

解説

■通常時のゲームの流れ:

通常時は、まずは約1/59.9の小当たり当選を狙う。

液晶で「迎撃図柄」が停止すると小当たりで、その後、役物を使った「迎撃チャレンジ」に移行する。

迎撃チャレンジのV入賞率は約1/3.3で、V入賞すれば大当たり獲得となる。

つまり、通常時の大当たり確率は、

  • 1/59.9 × 1/3.3 = 1/199.7

になる。

いわゆるライトミドルスペックだな。

 

■初当たり後のゲームの流れ:

初当たり時の3.8%はRUSH直行の9R大当たりだが、ほとんどの場合は、96.2%の3R大当たりとなる。

3R大当たり後は、時短1回転でV入賞を狙う「フェストゥムチャレンジ」に突入。

V入賞率は約1/1.8なので、大当たり期待度は約55%になる。

ここで大当たりすることができれば、時短1回転+保留1回転のフェストゥムRUSHに突入。

いわゆる突破型スペックだな。

 

■RUSH中のゲームの流れ:

フェストゥムRUSH中は、時短1回+保留1回の計2回転で、約1/1.8のV入賞を狙うゲーム性になる。

  • 1回転での大当たり期待度は約55%
  • 2回転合わせての大当たり期待度は約80%

RUSH中の平均大当たり出玉は約760個なので、

  • 平均760個出玉 × 80%継続

のRUSH性能になる。

 

シンフォギアとの比較

ということで、

  • スペック性能は、要はシンフォギア

だ。

比較してみよう。

  P蒼穹のファフナー2 シンフォギア
低確率 1/199.7 1/199.8
高確率 1/1.8 1/7.4
アタッカー性能 12個賞球×10カウント 14個賞球×7カウント
初当たり時平均出玉 387個 402個
初当たり後RUSH突入率 約57% 約52%
RUSH時平均出玉 約760個 約874個
RUSH時継続率 約80% 約79.7%

 

  • 通常時の大当たり確率はほぼ同じ。
  • 初当たり時の平均出玉もほぼ同じ。
  • 初当たり後のRUSH突入率はファフナーの方が約5%高い。
  • RUSH中の平均出玉は、シンフォギアの方が約100個多い。
  • RUSH中の継続率はほぼ同じ。

完全に一致だな。

まとめると、

  • 出玉性能は実績のあるシンフォギアとまったく同じで
  • ゲーム性が役物のV入賞メインに変わった機種

ということになる。

 

PV・試打動画

 

まとめ

注目はなんといっても「V役物」だろう。

6個の穴のうち1つが大当たりの回転体だが、役物に複数の玉が入賞した場合、はずれ穴に入った玉がはずれ穴を塞ぐので、目に見えて大当たり確率が上がっていくというSANKYOらしい、非常に面白そうな役物に仕上がっている。

スペック(出玉性能)も実績のあるシンフォギアタイプで悪くないし、かなり面白そうな印象を受けるな。

攻略の代名詞のようなタイトルで、あえて2種タイプのままでリリースしてくるわけだから、さすがに攻略面に関しては万全のケアをしているのだろう。

前作と違い長くホールに設置される人気機種になってほしいものだ。

ホールへの導入が非常に楽しみだ。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 今年になってから、管理遊技機・メダルレス遊技機といった次世代遊技機に関してのアナウンスが増えてきています。 今までも色々と噂はありながらなかなか実態が見えてこなかったのですが、 6 ...

2

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 俺は、「設置台数 ✖ 稼働」という数値が、現在のパチンコホールでのリアルな稼働状況(稼働量)を表すのにもっとも適切な指標だと考えている ...

3

ぶちゃけてぃです。 今年も残すところあと僅かとなりました。 新規則機の登場、内規緩和など大きなトピックの多い1年でしたが、年の最後ということで、今年リリースされたパチンコ機の稼働ランキングをお届けした ...

4

~10年前~ 某社マーケティング部 【マーケ部部長】よーし、新機種のCM作るぞ! 話題作だから有名俳優も使って豪華にな! 枠もゴールデンをがっつり抑えて! 広告代理店との打ち合わせにコンテ確認に撮影立 ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2019 All Rights Reserved.