リンク広告



アバックヨ 新台情報

ルパン三世 LASTGOLDスペック詳細! 2400発比率70%だが初回大当たり時は少出玉&潜伏仕様!? 北斗、牙狼などとの比較も!

更新日:

アバックヨだ。

平和のルパン三世LASTGOLDのスペック情報が出ているな。

2400発比率の高い次回まで確変タイプだが、初当たり時は、少出玉、少時短、潜伏アリというタイプ。

早速、詳細を見てみよう。

※本記事は現時点での情報で記載しています。今後、詳細や間違いが判明した場合は、直ちに修正をさせていただきますのでご了承ください。

 

ルパン三世 LAST GOLD スペック詳細

 

低確率 1/319.6
高確率 1/49.8
確変割合 60%
上アタッカー性能 15個賞球×10カウント
下アタッカー性能 6個賞球×10カウント
特図1
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
11R確変 45% 660個 次回まで 100%
2R確変A 15% 300個 次回まで 100%
2R確変B 300個 60回 約70.4%
2R確変C 300個 40回 約55.6%
2R通常D 300個 20回 約33.3%
11R通常 25% 660個 50回 約14.5%
2R通常A 15% 300個 60回 約17.1%
2R通常B 300個 40回 約11.8%
2R通常C 300個 20回 約6.0%
特図2
ラウンド 割合 払い出し出玉 電サポ回数 電サポ中当選期待度
16R確変 50% 2400個 次回まで 100%
3R確変 10% 450個 次回まで 100%
16R通常 20% 2400個 100回 約26.9%
3R通常 20% 450個 100回 約26.9%

※特図1の11R大当たりは下アタッカー(6個賞球)で消化。

※特図1の2R確変A~D、2R通常A~Cの割合は現時点では不明。

 

このようなスペックとなる。

 

ウルトラセブン2、真・北斗無双2、牙狼TUSKOFGODとの比較

次に、同タイプ(1/319の次回まで確変タイプ)の機種である、セブン2、無双2、牙狼などと比較しながら、初当たり時、RUSH時の性能を見てみよう。

 

■初回大当たり時の性能

■初当たり時平均出玉

  • ルパン三世 : 約552個
  • 牙狼    : 約960個
  • 北斗無双2 : 約600個
  • セブン2  : 約990個

ルパン三世はもっとも少ない。

さらに言うと、初回大当たり時の30%が2R当たり(払い出しで300個)なので、遊技時には平均出玉以上に厳しく感じるだろう。

 

■初当たり時に電サポ中に次回大当たりする割合(2連する割合)

  • ルパン三世 : 約60%+潜伏ぐらい?
  • 牙狼    : 65%
  • 北斗無双2 : 約60%(ただし、サポ抜け時の4回に1回は潜伏確変)
  • セブン2  : 約74.4%

ルパン三世は、2R大当たり時の内部の振り分けがわからないので推定の数字だが、おそらくこの程度になるだろう。

真・北斗無双2とタイプ的には近いが、

  • 確変割合が60%
  • 40%の通常大当たり時の平均時短回数が、おそらく50回未満
  • 潜伏確変もあり

ということから、こちらも実際に遊技するときの感覚としては、平均値以上に厳しい印象を受ける可能性が高い。

 

結論として、初回大当たり時の性能は、他の同タイプ機と比較しても、もっとも厳しいスペックだと言えるだろう。

 

■RUSH時の性能

■RUSH時平均出玉

  • ルパン三世 : 約1815個
  • 牙狼    : 約1665個
  • 北斗無双2 : 約1560個
  • セブン2  : 約1625個

 

■RUSH時合算継続率

  • ルパン三世 : 約70.8%
  • 牙狼    : 約70%
  • 北斗無双2 : 約74.4%
  • セブン2  : 約71%

 

最大の特徴である、2400発比率70%の効果で、RUSH時の平均出玉は圧倒的にルパン三世が多い。

一方、合算継続率は、確変割合が60%の影響で、65%確変+時短100回の真・北斗無双2に比べると劣る数値になる。

  • 確変割合65%ながら、時短が50回の牙狼、セブン2
  • 確変割合60%だが、時短が100回のルパン三世

この比較だと、合算継続率はほぼ同じ数値になる。

 

試打動画

 

まとめ

同タイプ機と比較すると、

  • 初回大当たり時の性能はもっとも厳しい
  • RUSH時の出玉性能はもっとも高い

このようなスペックとなる。

 

牙狼はまだこれからだが、真・北斗無双2やウルトラセブン2よりも、初回大当たり時から安定した出玉や時短が得られる、

  • 同じ平和の戦国無双5
  • 冬のソナタRemember

といった機種の方が高稼働なのが現市場の状況なので、その観点から考えると、かなり厳しい印象を受けるというのが率直な感想だ。

コンテンツ力と演出で、初回大当たり時の厳しい性能をカバーできる仕上がりになっているかどうかが重要になるだろう。



励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連広告



記事内広告



リンク広告




300px広告








人気記事一覧

人気記事一覧

1

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることが確定しました。 今までは再現できなかった、80%継続のST機や確変機が開発可能になるということで、ゲーム性の幅が広がることは確実です。 ただ、 ...

2

ぶちゃけてぃです。 確変65%上限の内規が撤廃されることを受けて、一昨日は、『真・北斗無双』のスペックを新規則で再現したらどうなるのかを記事にさせていただきました。 今日は、甘デジバージョンということ ...

3

ぶちゃけてぃです。 カイジ4の営業時の問題に端を発する高尾関連の話題。 最近も、 問題の責任者の1人と言われていた名古屋支店長が退職。   高尾 カイジ4の問題で 名古屋支店長 退職 との事 ...

4

ぶちゃけてぃです。 過去10年間のパチンコメーカー年間販売台数ランキングをまとめてみました。   パチンコメーカー年間販売台数ランキング(過去10年分)   2017年度パチンコメ ...

5

【先代パパ】儂はもう引退する。明日から社長はおまえや。頼むで!   【息子社長】任しといてや! 頑張るで!   【息子社長】みんな。今日から俺が社長やで。まだまだ若輩者やけど頑張る ...

6

俺の名はディアボロ。 パーラーディアボロの店長だ。 7月になり、2018年も半分を過ぎたということで、今日は2018年上半期のパチンコ新台の総括を行おう! 俺様の判断に間違いがあったのかどうかも同時に ...

-アバックヨ, 新台情報
-, ,

Copyright© 元パチンコメーカー開発者たちのブログ , 2018 All Rights Reserved.